トップページ

日本新素材株式会社は、銀イオン製品の開発や新しい素材を用いた新製品の開発に特化した技術で社会に貢献する会社です。銀イオンの製品の研究開発できる専業メーカーとしては日本で唯一の会社です。近年は、いろいろな会社が銀イオン製品の進出してきて、銀イオン業界も広くなってまいりました。大変頼もしく思います。弊社も、銀イオンのパイオニアメーカーとして日々研究開発・生産・販売にと努力を続けています。

2021年9月に日本食品分析センターで弊社製造の銀イオン水および銀イオン歯磨き粉のジンジバリス菌及びカンジダ菌の2つの口内細菌の殺菌試験を行いました。弊社の製造する銀イオン水並びに銀イオン歯磨き粉はジンジバリス菌730万個およびカンジダ菌31万個を1分で99.99%殺菌いたしました。5分後も同じ数値の殺菌データー出ております。これにより、弊社の銀イオン歯磨き粉と銀イオンマウスウオシュは歯槽膿漏菌であるジンジバリス菌を素早く殺菌することを証明しました。また、口内細菌のおよそ半数を占めているカンジダ菌も短時間に殺菌して口内浄化を素早くできることが証明されました。

ジンジバリス菌は近年の国立九州大学の研究により、アルツハイマー病の発症に深く関わっている細菌であることが判明しており、さらに心臓病の発症に深く関わっていることが同大学の研究でわかっております。このジンジバリス菌を口内から取り除くことはとても大事なことであり、弊社の銀イオン歯磨きはこのジンジバリス菌を素早く殺菌出来ることが確認されました。歯茎と歯の間に隠れ潜むジンジバリス菌を追いかけて殺菌してしまいます。ジンジバリス菌よりも、およそ100000分の1小さな銀イオンからは逃げられません。健康な歯と歯茎のために、こうした悪影響をつくる菌をすべて口内から取り除くことが、健康で長生きできる秘訣です。銀イオン歯磨き粉とぎんいおんマウスウオシュで毎日口内の浄化をしましょう。

新しい情報鹿児島大学歯学部の杉浦教授の研究によれば、口内細菌の常在菌と呼ばれる4つの菌が大腸がんを発生するメカニズムの中で、ガンの発症に大きな役割を果たす働きをしていることをつきとめたという記事が配信された。つまり、これらの口内に住みついている常在菌が大腸に移動して、大腸がんの発生に寄与している事がわかった。これらの常在菌がいなければ大腸ガンの発症は無くなるということである。以前は全ての口内の常在菌は人を守る大切な菌だという歯科医が多くいたが、それはまったくの嘘であるということが証明された。卯木浦教授は口腔ケアが大切だと指摘している。

このことから、強力な口内細菌を激減させる銀イオン歯みがきは口腔ケアには必需品であるということです。とくに、歯科に出かけるのが苦手の人や、多忙で歯科にいけない人には毎日銀イオン歯みがきで磨いて、口腔内の細菌を激減させることが大切になります。

近年のコロナウイルスの流行おける多くの銀イオン水が巷で販売されていますが、唯一弊社の製品「シルベルンZAG銀イオン水」のみがコロナウイルスを1分以内に99.9%殺菌出来ることが実証された銀イオン水です。コロナウイルス拡大の危機からご自身の安全を確保する為に、是非弊社の銀イオン水をお買い求めください。必要なお客様は、弊社までご連絡ください。販売店のご案内をさせていただきます。また、コロナウイルスを空気中で撃退できる銀イオン加湿器"ウイルス・イーター”や銀イオン空気清浄機”Ag+トルネーダー”も発売しておりますので、ご購入の検討をお願い申し上げます。

弊社銀イオン水の安全性につきまして、以下のようなご案内を申し上げます。

銀及び銀イオンにつきましては、食品添加物とて認可(126番)されておりますので、基本的には毒性はないという理解を導き出せます。

弊社銀イオン水の濃度100ppm以下の製品は、急性経口毒性試験LD50では2000㎎/kgを超えます。

抗原性試験でも異常はないです。変異原性試験も異常なしです。また、催奇形性試験も異常なしです。

以上のように非常に安全性の高い製品です。

日本イオンという会社がインターネット上で記載している銀イオン情報は、いろいろと誤認に基づく情報が含まれており、弊社製品とまったく関係がありません。日本イオンが主張している、銀イオン0.5ppmの濃度を含む水は殺菌するという情報も事実ではありません。0.5ppmでは殺菌力は非常に低いです。

また、よく言われる銀沈着症(銀皮症)は、電気分解して得られた濃度の高い銀の水を毎日1000㏄以上飲み続けて、2年以上続けなければ銀沈着症は起こりません。電気分解で得られる銀の水は大小の銀の粒子状物が生産されてそれが体内に入ると皮膚下にまたり、皮膚の色が変色します。白人だったら青くなり、黒人だったら銀灰色の混じった黒人色になり、黄色人種は銀灰色の混じった肌になります。人によって違うこともあります。ただし、銀沈着症は病気ではありません。電気分解の銀の水を飲まなければ起こらない症状だといわれています。最近はアメリカでも銀皮症の人は見なくなりました。

弊社の銀イオン水とは、これらの事象はまったく関係ありませんので、ご注意ください。

銀イオンの殺菌性は、あくまでも微生物(ウイルス、細菌、真菌など)であり、それらよりも大きな生物には効果はありません。例えば、ダニ類などには殺菌性はありません。ただし、萌芽菌には十分な殺菌力をもっています。

 

トピックス

ニュース

2021年11月30日
飲料水を瞬時に4種類のミネラルを含んだアルカリイオン水に換えるボトル”スポルト・ミネラル・バッサー”を開発しました。マクアケで発売する予定です。運動した時に不足するミネラルと体内の酸性度を下げるアルカリイオン水が同時に作れる優れた”かわいい”ボトルです。パステルカラーの3色を用意しています。是非、一度ご覧ください。
2021年11月17日
口内細菌に関する記事をトップページに「新しい情報」として記載しました。
2021年09月14日
日本食品分析センターの殺菌試験により、弊社の製造する銀イオン歯磨き粉とマウスウオッシュ用の銀イオン水が、ジンジバリス菌730万個とカンジダ菌31万個を1分で99.99%殺菌したことが判明しました。これにより、弊社銀イオン歯磨き粉およびマウスウォッシュはアルツハイマー病の発症や心臓病の発症を止める効果がることがわかりました。
2021年09月13日
入れ歯に画期的な新技術で”シルバー・イオニック・フィーリング”™“Silver Ionic Feeling”™銀イオンコーティングするサービスを始めました。
2021年09月13日
ウェブサイトを10年ぶりに全面更新しました!
» 続きを読む